日経バイオテク セミナー 開催終了セミナー

日経バイオテク 専門書籍

  • 「日経バイオ年鑑2022」

    「日経バイオ年鑑2022」

    バイオが拓く、次世代の有望領域とは。医薬、化学から食品、環境まで、様々な注目分野を牽引するバイオ業界の研究開発・市場動向を見通します。バイオテクノロジーのR&D戦略立案、将来展望には欠かせないリファレンスとして活用いただけます。

  • 「バイオスタートアップ総覧 2021-2022」

    「バイオスタートアップ総覧 2021-2022」

    上場予備軍のバイオテク企業398社を一挙収載 あなたの知らない「次のユニコーン」がこの中に!バイオの提携先や投資先選定に不可欠な一冊

  • 「日経バイオ年鑑2021」

    「日経バイオ年鑑2021」

    変化の激しいバイオ産業の動向を、どこよりも詳しく解説。2021年版は内容を全面的にリニューアルし、前版に比べて項目数を50以上増やしました。この一冊で、市場動向と研究開発の最新情報をフルカバーできます。

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」

    「世界の創薬パイプライン2018/2019」

    国内外の製薬企業・バイオベンチャー700社のパイプラインを、領域別×モダリティ別に一覧化。前版「世界の創薬パイプライン総覧」に比べて、大幅な更新となります。

  • 「新薬創製 」

    「新薬創製 」

    オプジーボ、アクテムラ、ブロプレス、アリセプト、…。日本の製薬企業が創出した、世界に誇る革新的医薬品12品。当事者へのヒアリングからわかった、革新的医薬品の開発背景や技術ポイント。創薬過程を統一的視点で調査・横断分析し、イノベーション政策や経営へ示唆を与えるポイントを探る。

  • 「革新的医薬品 審査のポイント」

    「革新的医薬品 審査のポイント」

    医薬品医療機器総合機構(PMDA)で新薬の審査経験等を有する専門家9名が、話題の新薬87製品の審査報告書を読み解く。日本における、近年の医薬品開発と承認審査に関するトレンドが把握できます。

  • 「世界最高のバイオテク企業」

    「世界最高のバイオテク企業」

    圧倒的な経営力!研究開発型企業が取り入れるべき、生きた事例がここにある。製品開発の方向性を決める「科学」に根ざしたアムジェン流イノベーション経営の要を、元CEOのゴードン・バインダー氏がアドバイスします。