日経バイオテクについて

 日経バイオテクは、日経BP社が発行するバイオ分野の研究開発、事業化に関連するニュースを報道する専門ニューズレターです。1981年10月に創刊して以来、隔週刊(年24冊)で発行し、読者の皆様に専門的な情報をお届けしてきました。

 日経バイオテクONLINEは、日経バイオテクに掲載した記事に加え、日経バイオテクには掲載していないより新しい情報、より詳しい解説、より幅広い話題をふんだんに掲載したWEBサービスです。2011年10月に、BiotechnologyJapanと統合して、バイオ分野の新しいポータルサイトとしてサービスを開始しました。

 幅広い業種にまたがるバイオ関連のニュースや解説記事を、「医薬・医療」「基礎・研究支援」「食品・農業・環境」「投資・行政・社会」の4つのジャンルに分けて掲載しています。また、読者である企業や大学、公的研究機関の研究者からの投稿による「人材募集」や「セミナー・学会」の告知、「製品・サービス・技術シーズ」の告知コーナーも設けています。企業によるプレスリリースは、「記者発表」のコーナーに掲載しています。

 日経バイオテクONLINEのニュースや解説記事は、原則、見出しと第一段落はどなたでもご覧いただけますが、全文をお読みいただくには日経バイオテク本誌もしくは、日経バイオテクONLINEをご購読いただく必要があります。ご購読の申し込みはこちらから。

 「人材募集」「セミナー・学会」「製品・サービス・技術シーズ」「記者発表」は、どなたでも自由にご覧いただけます。「コミュニティ」のコーナーは、読者の皆様にご投稿いただいた「人材募集」「セミナー・学会」「製品・サービス・技術シーズ」を一覧できるように設けました。大学や公的研究機関の研究者は、「人材募集」「セミナー・学会」「技術シーズ」の告知を無料で投稿いただけます。投稿の申し込み方については、こちらをご覧ください。

 ニュースや解説記事は、1996年2月以降、20年以上にわたる5万件以上を収載しています。検索機能を使えば、過去の記事にも容易にアクセスできます。記事では「癌」は漢字表記、英数は半角入力で統一していますが、古い記事の表記には不統一な部分もあるので、幾つかの表記でお試しください。

 企業に所属する方、および大学、公的研究機関の事務局など、組織として投稿する場合は有料で投稿いただくことになります。「セミナー・学会」「製品・サービス」の欄に投稿いただくためには、「日経バイオテクONLINEパートナーズ会員」になっていただく必要があります。日経バイオテクONLINEパートナーズ会員および人材募集の投稿、その他、バナー広告やメールマガジンの広告などを詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

 大学・公的研究機関の方が、日経バイオテクONLINEをご利用いただきやすくなるよう、大学・研究機関や政府関連の記事に関する記事を1カ月1000円の安価な料金で提供する「日経バイオテクONLINEアカデミック版」のサービスも行っています。また、日経バイオテクONLINEの情報を法人向けに提供する「ファーマビジネス」のサービスもご用意しています。日経バイオテクONLINEアカデミック版およびファーマビジネスについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。