(株)サノでは、CAPRICORN SCIENRIFIC(ドイツ)製の細胞培養用各種血清を販売しております。同社製の各種血清(動物、ヒト)は、基礎研究はもちろんのこと、日本国内での医療・ライフサイエンス関連製品の製造にも使用実績があり、安定した品質が認められております。

[細胞培養用ウシ胎児血清(FBS)]
厳格に管理された工程で製造され、トレーサビリティが確保されています。外因物質による汚染を排除し、0.1μmの滅菌フィルターを使用し、ロット間差の少ない安定した品質でご提供いたします。すべてのロットにおいて、CFR(アメリカ連邦規制基準) title9, part113 に準じて、ウイルス(BHV-1,BVD-V,PI-3)とマイコプラズマ試験を実施しています。また、数種の細胞(MRC-5,L929)による細胞増殖試験を行っています。

◎Fetal Bovine Serum (FBS), Collected in South America:FBS-12A
一般的な細胞培養用途におすすめの規格で在庫がございます。評価用サンプルをご用意しております。

◎その他血清
FBSでは、エクソソーム除去、脂質除去、IgG除去、活性炭処理、テトラサイクリンフリー、γ線処理、など用途に合わせた様々な規格を取りそろえております。また、ヒトAB血清の供給も可能です。

↓↓製品フライヤーPDFはこちらのページから↓↓
https://www.sano-co.com/development-cell

【購入に関するお問い合わせ先:輸入・販売元】
株式会社サノ 開発推進部 細胞事業課
https://www.sano-co.com/development-cell
E-mail: bbb@sano-co.com