毛包由来の神経前駆体(HFN)は、一過性に増幅する神経細胞であり、Skin2Neuronの独自技術により成人の皮膚から効率的かつ確実に製造することができます。コンセプトの証明研究はげっ歯類と犬で実施され、アルツハイマー病(AD)の治療法としての可能性を示唆しています。

本ウェビナーでは、HFN細胞のメカニズムを深く理解するためのポテンシーアッセイにおけるSkin2Neutronの研究を紹介します。

(i) 走化性によるバッチ間変動
(ii) 電気生理学的機能

臨床グレードのHFN細胞製造のための包括的な品質管理システムの一部として、ザルトリウス社のIncucyteを用いた走化性と神経機能性の2つのin vitroアッセイの開発について。言及します。

>>詳細はこちら