ここ数年、治療薬としてのモノクローナル抗体(mAb)の開発が注目されています。mAbは、がんなどの重篤な疾患や治療不可能な疾患の治療に大きな期待が寄せられています。その一因は、有効性が高く、副作用が小さいことのみならず、反応特異性が高いことです。ワクチンや効果的な抗体治療薬は、現在進行中のCOVID-19パンデミックや新たに出現した亜種を抑制するために不可欠な役割を果たします。
中和抗体は、ウイルスに結合して感染を防ぐことができるため、ワクチンや治療薬の開発において決定的な役割を果たす分子の一例です。中和抗体は、回復期の患者の血漿から分離することが可能で、SARS-CoV-2スパイクタンパクの受容体結合ドメイン(RBD)に対する作用機序(MOA)の理解を深めるために、世界中の研究者が注目しています。

電子書籍は下記詳細からダウンロードしてください。

>>詳細はこちら