バイオ医薬品研究における課題解決に取り組むライフサイエンス企業、Unchained Labs株式会社は、STUNNERでAAV Capsidおよび DNA力価定量、およびEmpty/full ratio解析が可能にする新アプリケーションをリリースしました。STUNNERはマイクロ流路を使用したフォーマットで、サンプル 2μLで96サンプルを一度に解析可能です。

遺伝子治療で使用されるアデノ随伴ウイルス(AAV)は、製造が難しく、特性評価が困難です。研究者は、キャプシド力価と、細胞に送達するDNAで満たされたAAV capsids力価を迅速かつ正確に測定できる必要があります。
この情報を収集するために、従来の方法では、ラベル、染料、試薬、検量線が必要であり、またサンプルも大量に必要と、時間も要します。既存のテクノロジーでは明らかに時間とコストがかかりすぎます。

Stunnerは、このような課題を解決した最初のプラットフォームです。AAVキャプシドの数、DNAで満たされているものの数、凝集があるかどうかを、UV/VisとDLSを組み合わせてわずか2μLのサンプルを使用して数分で完全に解析することができます。

<連絡先>
Unchained Labs 株式会社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目9−2
PMO神田岩本町 3階
Tel: 03-3526-2811
Fax: 03-3526-2813
Website: https://www.unchainedlabsjp.com/