電子的な臨床結果評価(eCOA)は、20年以上前から何らかの形で臨床試験に使用されてきました。現在、eCOAは、臨床試験の重要なアウトカムデータを収集するための主流の手法となっています。eCOAはハイプ・サイクルの「啓蒙の坂」から「生産性の台地」へと、確実に歩みを進めており、市販のハードウェアや堅牢なアプリ、ウェブベースのソフトウェアによって、信頼性の高いスケーラブルなソリューションが実現しています。

しかし、eCOAを取り入れた試験を成功させるためには、一貫した問題点があります。試験開始からGo Liveまでの期間は、12〜16週間と依然として長い期間が必要な状況です。eCOA試験には多くの要素がありますが、質問票の移行、実装、ローカライズがこのタイムラインの大部分を占めています。インスツルメントの所有者と積極的に協力して、事前に承認されたバージョンの質問票の翻訳を行っておき、試験開始のタイミングに合わせてすぐに導入できるようにすることが、スケジュールを早めるために不可欠です。

ではどのようにしてこの課題を解決できるのでしょうか?
導入までの期間についての課題とその解決方法について、下記のブログにて詳細をご覧ください。

<<本件に関するお問い合わせ>>
メディデータ・ソリューションズ株式会社
マーケティング部
japanmarketing@medidata.com


<<メディデータについて>>

メディデータは、より多くの患者さんの希望を実現できるよう、ライフサイエンス分野におけるデジタルトランスフォーメーションを推進しています。新しい治療の価値最大化、リスク最小化、アウトカム最適化のために、製薬企業、バイオテクノロジー企業、アカデミア、医療診断・機器メーカーなどが日々取り組んでいる研究において、エビデンスを見出し、新たなインサイトを獲得できるよう支援しています。メディデータが提供しているClinical Cloud Platformは、1,700社以上のライフサイエンス企業や団体に採用され、100万人以上の認定ユーザーが利用しており、臨床開発、コマーシャルさらにはリアルワールドデータの活用において世界で最も使われているプラットフォームです。メディデータは、米国ニューヨークに本社を置く、ダッソー・システムズ(ユーロネクスト・パリ:#13065、DSY.PA)の傘下のグループ企業であり、世界各国に拠点を置き、各国またはグローバルでの臨床試験ニーズにお応えしております。より詳細な情報はwww.medidata.com/jp、LinkedIn / Facebookの日本語公式アカウントページなどをご覧ください。

Medidata および Medidata Rave は、ダッソー・システムズ(ユーロネクスト・パリ: #13065, DSY.PA)傘下のMedidata Solutions, Inc.の登録商標です。

>>詳細はこちら