無作為化された比較試験は、新しい治療法の研究を実施する際のゴールドスタンダードとしてよく知られていますが、一方で、多くの要因により、すべての試験で被験者を標準治療に無作為化することは不可能な場合があります。

例えば、標準治療の効果が十分でない重篤な患者は、対照群への割り振りが受け入れられないことが考えられます。このような状況では、無作為化試験を行っても、研究者に適切な科学的回答を与えることができず、臨床試験に参加する患者に過度の負担を強いることになります。 このような理由から、最適とはいえない単群の試験デザインに制限されることがあります。

これを解消するソリューションとして注目されているのがSynthetic Control Arm (SCA)です。
SCAは、同じ適応症で過去に行われた臨床試験の患者レベルデータを活用します。
ベースラインでの状態が現在の試験群の被験者と同じになるように意図的に選択されており、同一条件での公正な比較を行うことができます。

詳細は下記をご覧ください。

>>詳細はこちら