【5月27日開催】ヒストリカルデータを活用して、より良い施設選定を実現する~Study Feasibilty~

申込はこちら>>https://bit.ly/3gxfXfX

【セミナー概要】

タフツ大学の調査によるとプロトコルは年々複雑化し、それに伴って臨床試験の難易度も向上しています。昨今では多くの製薬会社が、AIを活用したテクノロジーやデータを活用した高度な分析がこのような問題の一つの解決策になるであろうと、様々な方向から技術やサービスを模索しています。

メディデータ傘下のAcorn AIが提供するStudy Feasibilityは、業界パフォーマンスデータと予測モデルによって得られる分析結果を通じて、実施国および実施医療機関の選定を効率化し、症例の組み入れに関わる正確なインサイトを提供するソリューションです。これまで実施された2万試験、600万症例、および94ヵ国にわたる22,000箇所の医療機関のデータをもとに、試験、国、および施設レベルでのパフォーマンス(マイルストーン、スクリーニング不適格、組み入れ、施設評価等)、データの品質および競合環境等に関する情報を提供し、自社試験と業界ベンチマーク値の比較も可能とします。導入により、試験計画段階における国や施設選定の精度の大幅な向上、パフォーマンスデータから得られる症例登録期待速度やリスク要因の可視化、タイムラインの短縮による試験の短期化といったベネフィットが期待できます。

本セミナーでは機能概要、参照するデータの詳細、活用事例、デモを踏まえながら、国内外の臨床試験でStudy Feasibilityがどのように役立つかをご紹介いたします。

【こんな方におすすめ】

対象:日本国外での治験を検討している製薬企業またはCRO

対象部門:企画部門、クリニカルオペレーション

【イベント概要】

開催日:2021年5月27日(木)11:00-12:00(ライブQ&Aを含む)

参加費:無料(事前登録制)

主催:メディデータ・ソリューションズ株式会社

参加方法:申込完了後、ON24より登録完了メールが自動配信されますので、メール内のログインURLより視聴いただきます。

【参加特典】

★★先着登録50名様にAmazonギフト券1000円進呈★★



<<本セミナーに関するお問い合わせ>>
メディデータ・ソリューションズ株式会社
マーケティング部 担当:杉友
japanmarketing@medidata.com


>>詳細はこちら