<<Medidata Next Global Virtual Japanについて>>

お申込みはこちら>>https://www.medidata.com/jp/next-japan-2020/overview

今年は、過去に経験をしたことがないような日常を突如多くの皆さまが強いられることとなり、新たな生活習慣や仕事の仕方に困惑しながらも試行錯誤を続け、徐々に新しい日常に適合しつつあるのではないでしょうか。毎年多くの方々にご参加をいただいておりますMEDIDATA NEXTは、メディデータの年に一度のフラグシップイベントとして、米国、欧州、アジアパシフィックの様々な国で毎年ワールドツアーとして開催されています。昨年6月に開催されましたMedidata Next TOKYO では、恵比寿のウェスティンホテルにて過去最多の500名以上のお客様にご来場いただき盛況の中終えることができました。今年の年初には、よりパワーアップしたコンテンツを皆様にお届けするべく、計画を立てておりましたが、今年のMedidata Nextは、各国での実施を見送りまして、米国本社が中心となり計画を立て、バーチャル形式で全世界のお客様に臨床開発における最新の情報をお届けする形を取らせていただいております。

お届けする内容としましては、米国のセッションが中心となりますが、最新の臨床開発のトレンドを含めた情報を、より分かりやすく日本のお客様にお届けするため、英語セッションを日本語に吹き替えをしてお届けする準備をしておりますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。また、英語セッションの焼き直しだけではなく、日本のメンバーにて日本のお客様に向けた特別セッションもご用意しておりますので、お時間にご都合がつく方は是非ご登録・ご参加いただければ幸いです。(※なお、米国本社のイベントは日本より1日早く27日ー29日の3日間で開催されますので、英語での視聴をご希望の方やより多くのセッションをご視聴されたい方は、米国のNext Virtualにもご登録いただけますのでご確認ください。 https://bit.ly/2GSi2Dv

<<イベントの見どころ>>


日本のお客様のためにご準備いたしましたセッションは、3日間に分けて午前10時から午後14時の間に随時配信してまいります。3日間の内訳は下記のとおりです。

★10月28日 US Express
初日は、Medidataの創始者である、Glen de Vries によるOpening Keynoteから始まり、COVID-19では、臨床試験モニタリングへの影響が大きく、RBQMの重要性をさらに増す中、RBQM のベストプラクティスのご紹介、Medidataの規制専門家によるCOVID-19における世界の規制当局の動きやガイドラインの解説、2018年に創設されたプレシジョンメディシンを協力に支援するための専門家からなるAcorn AIの最高責任者によるKeynote等、臨床開発の世界の有識者によるセッションをご覧いただきます。


★10月29日 Japan Day
2日目は、Japan Dayと命名させていただき、日本法人の5人のメンバーが日本のお客様に向けた講演をさせていただきます。単純な製品ごとのお話ではなく、今回はひと工夫こらしまして、Virtual Trialというキーワードに代表される様々な手法を活用した試験の実施にあたって、規制要件の動向を踏まえた上で、主にCRAの業務の視点からITが何を支援できるのか、プラットフォーム化されたITソリューション活用のメリット、依頼者が考慮すべきことなどについてご紹介してまいります。

★10月30日 Learn from Others
最終日は、顧客事例を中心にご提供をさせていただきます。また、昨年Medidataはダッソーシステムズの傘下となりましたが、同社のCEOであるBernard Charlès、そして同社のライフサイエンスのトップであるClaire BiotとMedidataの共同創始者であるTarek Sherifを交えてダッソーシステムズがMedidataに期待すること、Medidataと同社がどういった将来像を描いているのかご確認いただけるかと存じます。

登録料無料でございますので、皆様のお申込みをお待ちしております!

<<本イベントに関するお問い合わせ>>
メディデータ・ソリューションズ株式会社
マーケテイング部
japanmarketing@medidata.com

<<メディデータについて>>
メディデータは、ライフサイエンスのデジタルトランスフォーメーションを推進し、多くの患者の希望をかたちにします。製薬企業、バイオテクノロジー企業、医療診断・機器メーカー、学術機関の研究者がエビデンスやインサイトを生み出すことを支援し、新しい治療の価値拡大化、リスク最小化、アウトカム最適化の実現に貢献しています。1500社以上のライフサイエンス企業や団体に採用され、100万人以上の認定ユーザーが日々利用する、臨床開発、コマーシャルさらにはリアルワールドデータの活用において世界で最も使われているプラットフォームを提供しています。ダッソー・システムズ(ユーロネクスト・パリ:#13065、DSY.PA)の傘下にあり、米国ニューヨークに本社を置くメディデータは世界各国に拠点を置き、お客様のニーズにお応えしています。より詳細な情報は www.medidata.com/jp、LinkedIn / Facebookの日本語公式アカウントページなどをご覧ください。

Medidata, Medidata Rave and Acorn AI はDassault Systèmes 子会社であるMedidata Solutions, Inc.の登録商標です。お問い合わせは japanmarketing@medidata.comまで。



>>詳細はこちら