Lonza ウェビナー

遺伝子細胞治療の産業化を可能にする製造プロセス開発と商業生産の為のプラットフォーム確立
Enabling the industrialization of cell and gene therapies through process development and platforms for commercial readiness

遺伝子細胞治療が臨床試験から上市段階へとステージ移行するにつれ、私たちは変曲点を迎え、重要な課題に直面しています。
商業生産の確立が重要な焦点となり、技術、タイムライン、製造コスト等様々な観点から多大な重圧にさらされています。製造プロセス開発は製造工程を産業化し、商業生産を成功させるための鍵となります。このような中、受託製造開発組織(CDMO)は、産業化、技術力、製造能力、専門知識を業界に提供する上で重要な役割を果たします。


----------------------------------------------------------
場所:オンライン
日時:2020年11月6日(金)5:15 pm - 5:45 pm
費用:無料・事前登録制
演者:Dr. Hartmut Tintrup, Global Head Business Development, Lonza Cell & Gene Technologies


*本プレゼンテーションの言語は英語になります。
*本プレゼンテーションはCPhI Japan 細胞医薬・遺伝子治療薬のための最新技術ウェビナー のプログラムです。ご参加にはお申し込みが必要です。リンクのInforma社の申し込みページよりお申込みください。


お申し込みはこちら>>
https://www.cphi-webinar.com/cell-drug-gene-therapy-development


--------------------------------------------------------------------
Lonza Pharma & Biotech | ロンザ株式会社 受託製造開発部
Tel: 03-6264-7630(代表)
Email: pharma-biotech-jp@lonza.com
Web: Pharma.lonza.com