<QDI バイオインフォマティクス Weekly ウェビナー 開催情報>

【開催日時】
2022年8月12日(金)15時00分~16時00分(質疑応答含む)

【演題】
QIAGEN OmicSoft, Ingenuity Pathway Analysis (IPA) を用いた疾患のバイオマーカー、薬剤ターゲットの探索

【講演内容】
近年のNGS関連技術の進歩により多様なオミックデータが公表されているが、がん以外の疾患はサンプルが十分に集まらないこともあり、バイオマーカー探索、薬剤探索において十分なデータがそろわないことが多い。QIAGEN OmicSoft を用いれば、公開されている実験データを有効に活用することが可能であり、また QIAGEN IPA を用いれば、整理された文献情報を簡単に活用することができる。今回は、炎症性腸疾患 (IBD) を例とし、バイオマーカーや薬剤の候補、他の疾患との関連を検討し、その結果をお示します。また化合物のスクリーニングに有用な細胞株の探索の方法についても紹介します。 最後に有用と思われる関連製品の最新情報も説明いたします。

<QIAGEN Digital Insights Weekly ウェビナー のご案内>

QIAGEN は、Ingenuity Systems、CLC Bio、BIOBASE、OmicSoft、N-of-One 等の informatics 会社を吸収し、QIAGEN Digital Insights チームを構築、Bioinformatics 製品の世界的プロバイダーになりました。
本ウェビナーシリーズでは、QIAGEN の製品群に関する多様なウェビナーを開催していきます。例えば、NGS 生データ解析、オミックスデータの解釈、 ヒトゲノム変異の解釈ツールのご紹介や試薬との組み合わせでのご紹介を予定しています。

ビギナー向けから特定の目的に特化したものなど、多彩な内容で開催していきますので、是非、ご希望のウェビナーにお申し込みください。


主催:株式会社キアゲン

【お問い合わせ】
株式会社キアゲン
マーケティング・コミュニケーション
Email: info-jp@qiagen.com

>>詳細はこちら