<QDI バイオインフォマティクス Weekly ウェビナー 開催情報>

【開催日時】
2022年2月17日(木)15:00 – 16:00(質疑応答含む)

【演題】
遺伝子発現データからパスウェイを探る - QIAGEN Ingenuity Pathway Analysis (IPA) を使って -

【講演内容】
『実験で遺伝子発現データを得ることができた。さて、この発現プロファイルで大きく影響を受けているパスウェイはどれだろう?』 『われわれの発現データは、これまで報告されている既知情報とどれほど一致しているのだろう?』 実験から発現データを得られると、次にはそれをどう解釈すればいいのかという疑問が湧きます。 そんなとき、統計の手法を使ってデータが持つ傾向や法則性を探るのもひとつの方法ですが、これまで蓄積された膨大な量の既知情報にあてはめてみる、という方法でも重要な知見を得ることができます。 QIAGEN Ingenuity Pathway Analysis(IPA) を使うと、これらの既知情報にいとも簡単にアクセスすることができます。 本ウエビナーでは、遺伝子発現データをもとに IPA を使って、その発現プロファイルが関連する既知のパスウェイ情報を見つけ出す方法と、そこからどのような知見を得ることができるかを具体的な手順を示しながらご紹介いたします。

<QIAGEN Digital Insights Weekly ウェビナー のご案内>

QIAGEN は、Ingenuity Systems、CLC Bio、BIOBASE、OmicSoft、N-of-One 等の informatics 会社を吸収し、QIAGEN Digital Insights チームを構築、Bioinformatics 製品の世界的プロバイダーになりました。
本ウェビナーシリーズでは、QIAGEN の製品群に関する多様なウェビナーを開催していきます。例えば、NGS 生データ解析、オミックスデータの解釈、 ヒトゲノム変異の解釈ツールのご紹介や試薬との組み合わせでのご紹介を予定しています。

ビギナー向けから特定の目的に特化したものなど、多彩な内容で開催していきますので、是非、ご希望のウェビナーにお申し込みください。


主催:株式会社キアゲン

【お問い合わせ】
株式会社キアゲン
マーケティング・コミュニケーション
Email: info-jp@qiagen.com

>>詳細はこちら