二次イオン質量分析法(Secondary Ion Mass Spectroscopy : SIMS)を用いることで、毛髪などの生体組織中に外部から浸透させた微量な薬剤成分の分布を評価することが可能です。
 NanoSIMSおよびGCIB-TOF-SIMSには、それぞれ以下のような特徴があり、目的に応じた装置を選択することで、多様なデータの取得が可能です。

 ■NanoSIMSの特徴
  ✔ 高空間分解能(50 nm)で2次元イメージの取得が可能
  ✔ 高感度(ppb ~ ppm)
  ✔ 元素分析
  ✔ 安定同位体の標識によって薬剤の浸透評価が可能

 ■GCIB-TOF-SIMSの特徴
  ✔ 高深さ分解能(5 nm)で深さ方向プロファイルの取得が可能
  ✔ 有機物の構造情報の取得(質量スペクトルの取得可能)

 弊社ホームページにて、
  ● NanoSIMSを用いた「断面の高分解能質量イメージング」
  ● GCIB-TOF-SIMSを用いた「キューティクル層内における薬剤の浸透評価」
を実施した結果をご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

https://cs2.toray.co.jp/news/trc/news_rd01.nsf/0/3E6F3196623DAC8C49258626001A1545?open

――――――――――――――――
どうぞお気軽にお問合せください。
――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
株式会社東レリサーチセンター ライフサイエンス営業部
TEL 03-3245-5666
https://www.toray-research.co.jp/
お問い合わせフォーム: https://www.toray-research.co.jp/contact/

>>詳細はこちら