東レリサーチセンターは、このたび、最先端の高速原子間力顕微鏡(AFM)を世界で初めて導入し、受託サービスを開始します。本装置は、世界最速である毎秒50フレームのイメージング速度を誇り、これまで見えなかった液中分子の高速な動的変化を追跡できます。
 当社がこれまで培ってきた高度な前処理技術や分析ノウハウを高速AFMと組み合わせ、ライフサイエンス分野で高まっている分子レベルでの可視化ニーズに応えていくとともに、材料分析を含めた様々な分野への応用展開を加速させ、お客様の製品開発、課題解決に貢献してまいります。

 医薬開発で多発する治験の失敗や開発の遅れ、品質トラブルなどの一因は、メカニズムの本質的な理解の欠如によるものと考えています。本質理解の第一歩である「分子レベルでの反応プロセスの可視化」を高速AFMにより実現することで、創薬研究・技術開発の確実性を高め、開発期間の短縮に貢献していきます。

 詳しくは「詳細はこちら」より、弊社プレスリリースをご覧ください。

――――――――――――――――
どうぞお気軽にお問合せください。
――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
株式会社東レリサーチセンター ライフサイエンス営業部
TEL 03-3245-5666
https://www.toray-research.co.jp/?argument=pRNVMc6q&dmai=Nikkei_000001

お問い合わせフォーム:
https://www.toray-research.co.jp/contact/?argument=pRNVMc6q&dmai=Nikkei_000001

>>詳細はこちら