動物実験代替ニーズの高まりから、Organ-on-Chipsなどの生体模倣システム(MPS)による薬物動態・化合物評価法の確立が期待されています。
Organ-on-Chipsは細胞(Organ)と材料(Chip)の融合デバイスです。目的の臓器機能や薬物動態を再現するためには、細胞構築だけでなく、最適な材料の選定・設計が必要です。
東レリサーチセンターでは、長年培ってきた材料分析とバイオ分析を融合させた解析技術と経験を活かし、Organ-on-Chipsの研究・開発を支援いたします。

【Organ-on-Chipsに求められる材料特性(分析対象の例)】
・薬剤吸収/収着の抑制性 (薬剤の収着量、状態や分布)
・電気/物理的刺激への応答性 (電気/機械特性)
・細胞への培地成分/ガス供給性 (ガス透過性、多孔構造)
・透明性 (密度、結晶構造)
・滅菌/薬液/熱耐性 (劣化/溶出物分析)
・細胞と材料の親和性 (材料の粘弾性、表面の形態/組成/電荷、細胞と材料の相互作用)


――――――――――――――――
どうぞお気軽にお問合せください。
――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
株式会社東レリサーチセンター ライフサイエンス営業部
TEL 03-3245-5666
https://www.toray-research.co.jp/?argument=pRNVMc6q&dmai=Nikkei_000001

お問い合わせフォーム: https://www.toray-research.co.jp/contact/?argument=pRNVMc6q&dmai=Nikkei_000001

>>詳細はこちら