今年大きな話題を集めた空間生物学(Spatial Biology)。先日、世界の研究者たちが一堂に会して研究成果を発表するバーチャルシンポジウムが開催されました。細胞アトラスの包括的なマップの構築から、ヒトの疾患における空間構成の解析まで、最新のブレークスルーとその応用について様々な角度から議論が行われました。

本バーチャルシンポジウム(The Spatial Biology Symposium - Trailblazing the future of spatially resolved biology)の録画(英語)が公開されましたので、生放送を見逃した方もぜひご覧ください。

詳しくはこちら
https://10xgen.com/3DPZUD2

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
10x Genomics社が提供するChromium関連製品は、シングルセルレベルで高スループットな解析を可能にし、細胞レベルの現象を捉えることによってがんや免疫学、神経科学研究に大きく貢献しています。また組織の位置情報を保ったまま遺伝子発現解析ができるVisium関連製品は、これまでに無い次元の遺伝子発現解析を可能にします。
10x Genomics https://www.10xgenomics.com/jp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

>>詳細はこちら