【アジレント】凝集体およびフラグメント分析カラム新製品

(2019.08.05)
タンパク質凝集体の定性分析と定量分析を最適化
新製品 Agilent AdvanceBio SEC 200 Å 1.9 µm カラムは、
分離能を向上させ、
HPLC および UHPLC による mAb の凝集体とフラグメントの高速分離を実現します。

・高分離能、高効率の分離を達成し、二次的相互作用を防止
・カラム寿命の延長により、時間とコストを大幅に節約
・生産性の向上: 高速分析と高分離能を両立する 150 mm カラム
・分析間とバッチ間で結果の信頼性と再現性を保証

>>詳細はこちら