ラボ内の溶媒の蒸気と漏れからケミストを守ります。アジレントInfinityLabセーフティキャップ

(2018.11.12)
ラボ内の溶媒の蒸気と漏れからケミストを守ります。

HPLCの溶媒ボトルや廃液ボトルの口を開放していたり、半分開いているような状態にしておくと、人体に有害な溶媒の蒸発につながる場合があります。
業務のためにラボで毎日長い時間を過ごすケミストにとってこれは重大な問題です。
アジレントのInfinityLabセーフティキャップを使えば、溶媒の蒸発と漏れを防止することができます。

InfinityLabセーフティキャップは、通常のボトルキャップに排気バルブを組み込むことにより、密閉状態を最適化できるように設計されているため、溶媒をHPLC システムに適切に流すことができます。
排気バルブには PTFE メンブレンフィルタが使われており、溶媒が塵や粒子によって汚染されることを防いでいます。
また、廃液ボトル用にはチャコールフィルタを使用することで、廃液を安全に保管することが可能です。

>>詳細はこちら