【アジレントウェビナー】GC,GC/MSのリテンションタイムロッキング (RTL) 機能をご紹介

(2018.10.30)
アジレントでは、装置やアプリケーションの最新情報をコンパクトにまとめた
ウェビナーをご提供しています。 
オンライン版、オンデマンド版(録画版)のどちらでもご視聴いただけますので、
ご都合に合わせてご利用ください

<タイトル>
   「もうリテンションタイムがずれません! 
   リテンションタイムロッキング (RTL) 機能のご紹介」


<概要>
 GC、GC/MS 分析において、リテンションタイム (保持時間) は重要な定性情報です。
使用環境や装置構成の変化により、容易にシフトしてしまい、同定ができなくなるなどの
分析条件設定や結果に、悪影響を及ぼします。
 アジレント独自のリテンションタイムロッキング (RTL) は、装置構成やカラム長さの
違いおよび設置環境・場所に関わらず、目的のリテンションタイムを精密に再現することが
可能となる技術です。
 本ウェビナーでは、GC、GC/MS 分析に有用性の高い RTL についてご紹介いたします。

<参加方法>
無料、弊社ホームページよりご参加ください


■お問い合わせ
アジレント・テクノロジー株式会社 マーケティングサービス部
TEL:0120-477-111
Email: lsca_seminar@agilent.com

>>詳細はこちら