予防医学におけるオミクス情報の重要性が学べるお客様インタビューが完成しました。

千葉大学予防医学センターの櫻井健一先生と東京大学大学院新領域創成科学研究科の鎌谷洋一郎先生は、胎児期から追跡するコホート調査で採取されたさまざまな試料を用い、糖尿病や肥満の発症因子を探っています。これらの調査は、環境省のエコチル調査、および”胎児期に始まる子どもの健康と発達に関する調査(こども調査)”の2つのコホート調査です。お二人に研究の内容や進展、社会実装に向けた展望を伺いました。
また、Infinium™ MethylationEPIC BeadChipやInfinium Japanese Screening Arrayを用い、DNAメチル化情報と一塩基多型(SNP)情報を組み合わせることで広がる可能性についても、お話しいただきました。
インタビュー記事をご覧ください。

詳細はこちら: https://ilmnmkt.illumina.com/2016007644

DNAメチル化解析ツールであるInfinium MethylationEPIC BeadChipの詳細はこちら>>https://jp.illumina.com/products/by-type/microarray-kits/infinium-methylation-epic.html

日本人ゲノム解析に最適化されたSNPアレイInfinium Japanese Screening Arrayの詳細はこちら>>https://jp.illumina.com/destination/s/asa.html

----------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティング部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら