【イルミナウェビナー】環境DNA分析に基づく新しい生物調査法を大型水生生物を例に解説

(2019.01.28)
【開催概要】

<イルミナiSchoolプロフェッショナルウェビナー>
「環境DNA分析に基づく新しい生物調査法」

日時: 2019年2月21日(木) 15:00 - 16:00
ご登録はこちら≫https://jp.illumina.com/destination/webinar/2019/webinar-pro-190221-j.html?scid=2019-225SMP285

ご講演者: 京都大学大学院理学研究科 動物生態学研究室 山本 哲史 先生

参加 : 無料、事前登録制

【発表内容】
環境DNA分析とは、水や土壌など環境サンプル中に含まれるDNAを分析し、その環境中に生息する生物を検出する手法である。近年魚類をはじめとする大型生物のDNAが環境サンプルから検出可能であることが明らかとなり、新たな生物調査法として利用され始めた。本手法は、生物そのものの捕獲が不要であることや、野外での作業が簡単であることなど、非侵襲的かつ低コストな調査を可能とする。本ウェビナーでは、水サンプルに含まれる大型水生生物の環境DNA分析について、採水の方法や種特異的DNA検出、そしてMiSeqを用いた環境DNAメタバーコーディングの方法について解説する。

----------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら