【イルミナセミナー】 多因子疾患における個別化医療実現への取り組み - 12/7(金)開催

(2018.11.08)
【開催概要】

「多因子疾患における個別化医療実現への取り組み
 ~ 環境要因の寄与が大きい多因子疾患に対し、個別化医療、個別化予防の社会実装に向けての現在の成果、将来の展望 ~」

日時: 2018年12月7日(金) 13:30 - 17:30
会場: 東京コンファレンスセンター・品川
参加: 無料、事前登録制

心疾患、代謝疾患、自己免疫疾患および精神疾患といった多因子疾患は、効果の弱い多数の遺伝的要因と環境要因を複合的に考える必要がある疾患です。
これらの疾患に対しては、ゲノムワイド関連解析(GWAS)研究によって多くの知見が得られたものの、それらは疾患に対する遺伝要因の寄与の一部しか説明できない、という課題がありました。こうした課題を克服し、ゲノム情報を用いた多因子疾患の個別化医療につなげるためには、低頻度多型や構造多型を解析対象に含む手法を用いて、質・量ともにより大規模な解析を実施する必要があります。

本セミナーでは、大規模データを活用して多因子疾患の克服に最前線で取り組んでいる講演者の皆様に、ポリジェニックモデルを用いた疾患のリスク予測、民族差を考慮した大規模解析、機械学習を用いた疾患のリスク予測モデルなど、最新の取り組みについてご紹介いただきます。

【招待講演】
 - Thai Ministry of Public Health, Surakameth Mahasirimongkol, MD, PhD
 - 琉球大学 前田 士郎 先生
 - 岩手医科大学 いわて東北メディカル・メガバンク機構 清水 厚志 先生
 - 京都大学 鎌谷 洋一郎 先生
 - 株式会社ヒューマノーム研究所 瀬々潤 先生

詳細はこちら≫http://www.cvent.com/events/-/agenda-2604f5a236264a028f0b467887525315.aspx


----------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティング部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら