【イルミナウェビナー】腸内細菌叢解析を活用した健康科学への展開(10月18日)

(2017.09.20)
【開催概要】

<イルミナiSchoolプロフェッショナルウェビナー>
「次世代シークエンサーを用いた腸内細菌叢解析のためのサンプル調製法と腸内細菌叢データを活用した健康科学への展開」

日時: 2017年10月18日(水) 15:00 - 16:00

演者:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 國澤 純 先生

参加 : 無料、事前登録制

内容:
腸内細菌叢はがんや生活習慣病などの疾患と関連があることを示す研究報告が多数報告されています。これらの研究では、糞便から抽出したDNAを16S メタゲノム解析する方法が一般的です。16S メタゲノム解析では、採取したサンプルの細菌叢ができるだけ変化しない方法でサンプルを回収、保存、DNA抽出する必要があります。本ウェビナーではご講演者の國澤 純 先生がご自身の研究プロジェクトで採用しているサンプル採取からデータ解析までの一連のプロトコールのご紹介と、16S メタゲノム解析で得られた腸内細菌叢情報の健康科学への展開についてご講演いただきます。


【発表要旨】
腸管には多種多様な常在細菌が存在し、様々な生体応答の制御に関わっています。最近では次世代シークエンサー用いた16S rRNA解析により、難培養性の菌も含めた腸内細菌の情報を得ることが出来るようになり、健康状態や疾患と関連する腸内細菌が同定されるようになってきました。次世代シークエンサーによる腸内細菌叢の解析のためには、糞便を回収し、核酸を抽出することが必要になります。今回のウェビナーでは、弊所で行っている腸内細菌叢を含めた健常人コホート研究において使用している糞便サンプルの調製法とそこから得られたビッグデータを活用した健康科学への展開について紹介します。

お申込みはこちら≫https://illuminaevents.webex.com/illuminaevents/onstage/g.php?MTID=e1de4011e4efe64d4648b1a1e224bdc74

----------------------------------------
【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティングコミュニケーション部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら