【イルミナ】 がん治療の免疫機構を解き明かすNGSの応用事例を解説

(2017.04.03)
がんおよび免疫研究において、次世代シーケンス(NGS)の有用性が示されています。NGSによりがんゲノムや腫瘍の進行に関与する細胞内メカニズムの知見を得たり、治療に伴って発生するクローン増殖や細胞集団の縮小を高感度にモニタリングすることができます。このようにNGSはがん治療分野の免疫機構を解き明かし、個別化免疫療法の開発に貢献しています。

このたび、『次世代のがん治療としての免疫療法:腫瘍と免疫システムとの間の相互作用をNGSで評価し、新たな知見をもたらす』というアプリケーションノートが完成しました。チェックポイント阻害薬、ワクチン免疫療法、および養子細胞移植という3種類のがん免疫分野で、NGSを活用した最新の知見を解説しています。

がんの免疫療法研究に関するページはこちらから
https://jp.illumina.com/areas-of-interest/cancer/research/cancer-immunotherapy-research.html


----------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら