┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            環境化学分析ライブWebinar
 残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約とそれに関わる分析技術
         7月 12日(火)13:00-16:30 ライブ配信
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ペル/ポリフルオロアルキル物質(PFAS)や、残留性有機汚染物質(POPs)は、
毒性、難分解性や生体蓄積性の観点から世界中で注目されている化合物です。

特に PFAS につきまして、日本では、現在 PFOA、PFOS を対象に暫定値としての目標値が設定され、
PFHxS は要調査項目として追加されました。
ストックホルム条約でも、今後 PFAS の測定対象が増える可能性も議論中で、欧米では、
PFAS 全体を視野に規制を実施する議論も進展しています。

本セミナーでは、4名の外部講師をお招きし、注目が集まっている PFAS や、POPs の分析手法のほか、
有機フッ素汚染調査の地域連携と環境モニタリング、および最新の規制動向・課題についてご紹介いただきます。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

開催日時:7月 12日(火)13:00-16:30(12:45より入室可能)
定員:500名(申込〆切:2022年 7月 11日 12:00)
会場:オンライン(Zoom)
参加費:無料

プログラム
■ 有機フッ素汚染 ~ 地域連携と環境モニタリング ~
  大阪大学 環境安全研究管理センター 招聘教授 中野 武 様

■ PFAS 一斉分析(仮題)
  株式会社イオ 技術部試験課 井上 和之 様

■ POPs 含有廃棄物の適正管理に関する最近の動向および課題
  国立環境研究所 資源循環領域 主幹研究員 梶原 夏子 様

■ ACQUITY UPLC H-Class/Xevo TQ-S micro を用いた
  廃棄物及び環境試料に含まれる塩素化パラフィンの同族体分析
  国立環境研究所 資源循環領域 主任研究員 松神 秀徳 様

■ LC-MS/MS による環境水中の PFAS 一斉分析例とシステムのご紹介
  日本ウォーターズ株式会社 アプリケーションケミスト 岩田敏明

▼ お申込み・詳細はこちら
https://waters.zoom.us/webinar/register/7416559481377/WN_ieEnQV2oR4qmgocHX8lwIw

▼ 今後ライブWebinar のご案内はこちら
https://www.waters.com/japan_webinar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規アプリケーション続々登場!
ウォーターズWEBサイトでは新規アプリケーションを随時公開しています
トップページ > アプリケーション > アプリケーションノート より
【無料でダウンロード】 www.waters.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
日本ウォーターズ株式会社‥‥‥‥ THE SCIENCE OF WHAT'S POSSIBLE.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

>>詳細はこちら