【MDJ】第2回ラボセミナー:光で操作し観察する新たな細胞解析技術

(2017.09.28)
【開催概要】
開催日時 : 2017年11月8日(水)16:00 - 18:30

講演:16:00 - 17:00
ラボ見学:17:00 -17:30
懇親会:17:30 - 18:30

開催地 :東京 Molecular Devices ラボルーム
住所:〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-8 いちご日本橋イーストビル 7F
定員 :25名(無料)

講師:東京大学大学院理学系研究科化学専攻 教授 小澤 岳昌先生

【演題】
光で操作し観察する新たな細胞解析技術 — OPTO-BIOANALYSIS —

【講演概要】
細胞内や動物個体内ではたらく生体分子を「あるがままの姿」で解析することは,生命科学研究に大きな進展をもたらします.
蛍光タンパク質やホタル由来の発光タンパク質は,生体分子の機能や動態,そして細胞内シグナルの根幹となる
タンパク質間相互作用を,時空間解析するツールとして広く用いられています.
従来,これらの蛍光・発光タンパク質を独自にデザインし改変することで,基礎研究としてのツールのみならず,
創薬スクリーニングのためのアッセイ細胞や,動物個体のイメージング技術として応用展開がなされてきました.
さらに,最近は光観察に加えて,光で生体分子を操作する新たな技術開発に取り組まれています.
本セミナーでは,細胞内シグナルを可視化するための独自の技術と,生体分子の光操作法について,
具体的な応用例を交えながら紹介頂きます.

>>詳細はこちら