従来のCAR-T細胞とは異なる利点を持つCAR-NK細胞の研究開発は、昨今の流行となっています。シングルセルマルチオミックス解析装置「IsoLight」を使用すると、このCAR-NK細胞の機能解析が可能になり、ダウンストリームにおける効果予測に役立てることができます。以下の論文では、HER2-CAR-NK細胞がグランザイムB、TNF-α、MIP1-β、MCP-1、RANTES、IL-8などの幅広いエフェクター系サイトカインを分泌することを明らかにしています。加えて、複数種類のサイトカインを放出する多機能性細胞の存在率と客観的な指標として利用可能なPSI(多機能性強度指数)が増加することから、臨床応用の可能性を示しています。

参考論文:
Chockley P, Patil SL, Gottschalk S. Transient blockade of TBK1/IKKε allows efficient transduction of primary human natural killer cells with vesicular stomatitis virus G-pseudotyped lentiviral vectors. Cytotherapy. 2021 Jun 9:S1465-3249(21)00645-9.
参考Webサイト
https://isoplexis.com/blog/single-cell-functional-proteomic-characterization-of-car-nk-cells-sheds-light-on-improved-transduction-method/

シングルセルマルチオミックス解析装置「IsoLight」について
キコーテック株式会社が⽇本総代理店を務める⽶国IsoPlexis社が開発した製品です。免疫細胞から分泌されるサイトカインをシングルセルレベルで解析するため、従来のELISA解析とは全く異なる結果が得られます。IsoLightの詳細は以下の製品ページのリンクよりご覧ください。

IsoPlexis社IsoLightシステムの製品ページ
https://isoplexis.com/solutions/isolight-system/

製品説明・デモのお問い合わせはコチラ
https://kiko-tech.co.jp/contact/customer-contact/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場西3-10-3
TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1
TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:https://www.kiko-tech.co.jp/