Biosensing Instrument社のSPR顕微鏡は、細胞表面の分子(膜タンパク質、糖鎖など)と、抗体や低分子化合物などのアナライト分子との分子間相互作用を、生きたままの細胞を使って計測することができる装置です。

膜タンパク質の機能には、細胞膜や細胞内の分子などとの相互作用が関与しているため、単離・精製することにより本来の機能性が失われる、もしくは低下することが知られています。
複雑な複合体を形成している膜輸送系の膜タンパク質の場合、精製時に各々のドメインが分離してしまうため、本来の複合体構造の状態で計測を行うことができません。
さらに膜タンパク質には疎水性ドメインである膜貫通領域が含まれているため、膜から分離することにより凝集・不溶化してしまうことが少なくありません。このような場合、可溶性ドメインのみを切り出して可溶性サンプルとして使用することがありますが、本来の3次元構造とは異なる構造となるため、本来の機能・活性が失われる、もしくは低下することがあります。
このように精製膜タンパク質サンプルの調製には多くの課題がありますが、セルベースの分子間相互作用計測システムであるSPR顕微鏡は膜タンパク質を精製する必要がないため、本来の機能・構造を維持した状態の膜タンパク質をターゲットとする、生きた細胞膜環境のin vitro計測系での分子間相互作用計測を実施することができます。

アナライトサンプルは、抗体やレクチンなどの比較的分子量の大きなものから数百ダルトン程度の低分子化合物まで、幅広い種類の分子との相互作用計測に対応しており、製薬企業を中心に創薬候補分子の機能評価を想定した評価計測事例が多数寄せられています(下記の計測事例紹介をご参照ください)。

本製品の詳細情報のご提供を目的としまして、個別の施設向けにWebミーティング形式でプレゼンテーションおよびディスカッションを実施している他、画面を通じて実機・ソフトウェアの操作を見ていただくことが出来るバーチャルデモなどを行っています。
膜タンパク質関連の研究を計画中、膜タンパク質サンプルの調製や実験系の構築・立上げでお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

◇製品ページ
https://kiko-tech.co.jp/products/biosensing-instrument-sprm-200/

◇計測事例紹介ページ
接着細胞 (PFA固定) ⇔ 低分子化合物・抗体・レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_1/
接着細胞 (ライブセル) ⇔ 低分子化合物・抗体・レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_2/
浮遊細胞 (ライブセル) ⇔ レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_3/
脂質膜小胞 ⇔ 低分子化合物の相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_4/
ターゲット特異的結合の検証
https://kiko-tech.co.jp/jirei_5/

<お問い合わせ>
 キコーテック株式会社 事業開発部
 本社:大阪府箕面市船場西3-10-3 TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
 URL:http://www.kiko-tech.co.jp/      

>>詳細はこちら