バイオインクメーカーCELLINK社が新たに開発したバイオインクHEP Xの取扱いを始めました。
CELLINK社では、プリンタビリティの高いセルロースナノファイバーを配合したCellinkシリーズや、アルギン酸塩をベースとしたAシリーズ、メタクリレートを修飾したゼラチンやコラーゲンを主成分としたGelMA、GelXAシリーズやColMAインクなど、組織特異的な培養用のバイオインクを50種類以上取り揃えています。これらのバイオインクとバイオ3Dプリンターを使って、これまでに皮膚、腎臓、肝臓、神経、筋肉、腸管、角膜などのオルガノイド・組織モデルの作製実績があります。

HEP Xは肝臓由来の脱細胞化した細胞外マトリックス(ECM)とプリンタビリティを保証するセルロースナノファイバーとアルギン酸塩を配合することで、肝臓組織モデルのバイオプリンティングに理想的なバイオインクとして新たに開発されました。肝臓由来のECMによって肝細胞の高い細胞生存率を保証し細胞間相互作用を促す最適な微小環境を提供することで、より優れた肝臓組織モデルの作製が期待できます。

CELLINK社のバイオインクについてはこちらから。
https://kiko-tech.co.jp/products/cellink-bioink/
HEP Xについてはこちらから。
https://kiko-tech.co.jp/products/cellink-hep-x-kit/

製品説明、見積、その他お問い合わせはこちらから。
https://www.kiko-tech.co.jp/contact/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場西3-10-3
TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1
TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:http://www.kiko-tech.co.jp/