Biosensing Instrument社のSPR顕微鏡は、細胞表面の分子(膜タンパク質、糖鎖など)と、抗体や低分子化合物などのアナライト分子との分子間相互作用を計測する装置です。計測データのカイネティクス解析により、結合速度定数:ka、解離速度定数:kdおよび親和性:KDなどの情報を取得することが出来ます。
膜タンパク質の構造・機能には、細胞膜との相互作用が大きく関与しています。そのため、細胞膜から単離することによって、本来の機能が変わってしまうことが知られています。また膜タンパク質には細胞膜と相互作用する疎水性領域が含まれていることから、細胞膜から単離することによって析出や凝集が起こることも少なくありません。そのため、研究に必要な量の膜タンパク質サンプルを用意する、関連の膜タンパク質全てについて精製サンプルを用意することが難しくなっています。
Biosensing Instrument社のSPR顕微鏡は、SPRセンサーチップ上で細胞培養し、その細胞表面の膜タンパク質とアナライト分子の相互作用を計測するため、単離・精製に起因する上記の課題を解消することが出来ます。また、細胞培養後すぐに相互作用計測を行うことが出来るため、サンプルの作成から計測までの一連のプロセスを効率的に実施することが出来ます。
膜タンパク質関連の研究を計画中、膜タンパク質サンプルの調製や実験系の構築・立上げでお困りの場合は是非、Biosensing Instrument社のSPR顕微鏡をご検討ください。

◇製品ページ
https://kiko-tech.co.jp/products/biosensing-instrument-sprm-200/

◇計測事例紹介ページ
接着細胞 (PFA固定) ⇔ 低分子化合物・抗体・レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_1/
接着細胞 (ライブセル) ⇔ 低分子化合物・抗体・レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_2/
浮遊細胞 (ライブセル) ⇔ レクチンの相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_3/
脂質膜小胞 ⇔ 低分子化合物の相互作用
https://kiko-tech.co.jp/jirei_4/
ターゲット特異的結合の検証
https://kiko-tech.co.jp/jirei_5/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場西3-10-3 TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:http://www.kiko-tech.co.jp/

>>詳細はこちら