MOTiF Cancer Immunology IHCパネルキットは、トランスレーショナルながん免疫研究のためのPD-1、PD-L1を加えた初めてのパネルキットです。キットは6種の濃度調整済みReady-to-Use抗体とOpal蛍光多重染色試薬からなり、肺がん、メラノーマの免疫チェックポイントの評価研究の重要なツールとなります。(メーカー:Akoya Biosciences)

The MOTiF™ PD-1/PD-L1 Panel: Auto Lung Cancer Kit (品番OP-000001)
抗体パネル:CD8, CD68, FoxP3, PD-1, PD-L1 およびpanCK

MOTiF™ PD-1/PD-L1 Panel: Auto Melanoma Kit (品番OP-000003)
抗体パネル:CD8, CD68, FoxP3, PD-1, PD-L1およびSox10/S100

【MOTiF Cancer Immunology IHCパネルキットの特長】
・簡単操作: ライカ社BOND RX向けにバリデートされた免疫染色プロトコル
・フレキシブル: 染色条件によってシグナル強度の調整が可能
・ユニーク: PD-1とPD-L1を加えた唯一の6重染色キット
・パワフル: Vectra Polaris組織定量イメージング装置を最大限活用可能

製品詳細に関してはこちらから。
https://kiko-tech.co.jp/products/akoya-bio-motif-panel-kit/

製品説明、見積もり、ご依頼等に関してのお問い合わせはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/contact/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場⻄3-10-3 TEL:(072)730-6790 FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:http://www.kiko-tech.co.jp/