Bioinicia社のFLUIDNATEKシステムは静電紡糸法(エレクトロスピニング)や静電噴霧法(エレクトロスプレイ)などの電気流体力学的手法を利用したマイクロファイバー・粒子製造システムです。エレクトロスピニング法はフィルターや不織布の製造など繊維業界で発展した技術で、合成ポリマー、天然ポリマー、ゾル-ゲル材料などを加工することでナノファイバー・ナノ粒子を製造することが出来ます。また室温で加工できるという利点から、バイオポリマー、タンパク質、炭水化物、高分子など熱に弱い材料も加工・カプセル化することが出来ます。これらの利点に着目して、近年では、食品、化粧品、医学や製薬分野での応用が期待されています。
特に製薬分野においては、エレクトロスピニング法によって核酸、活性成分、成長因子や薬剤などを内包したメッシュやパッチを作製することができるため、口腔内パッチやガンの再発を防ぐための抗がん剤治療用パッチの開発などの創薬研究への期待が高まっています。
また、最新のエレクトロスピニングの論文ではガン細胞を特異的に認識する抗体を産生する細胞を封入したシートをマウスに移植することで、特定のガン細胞の生存率を著しく減少させた事例もあります。

FLUIDNATEKシリーズは、実験レベルの卓上装置から産業生産のための完全自動化装置まで、全てのスケールでの製造システムを取り揃えており、実験レベルで設計したレシピがそのまま工業生産用にも利用することができるため、スケールアップに伴う条件の再検討などは必要ありません。
更にBioinicia社では受託サービスとして研究開発や工業生産も行っており、概念実証の効率化や量産化へのリスク軽減などが可能です。受託サービスとシステムの導入とスケールアップを組み合わせることで、製品化にかかる時間を大幅に短縮することができます。

Bioinicia社のFLUIDNATEKシステムについてはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/products/bioinicia-fluidnatek/

製品説明、見積、その他お問い合わせはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/contact/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場西3-10-3
TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1
TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:http://www.kiko-tech.co.jp/