【キコーテック】単一細胞播種システムVIPSを使用した海外製薬会社のケーススタディ

(2020.03.11)
ジョンソン・エンド・ジョンソングループであるヤンセンファーマ社は、キコーテック株式会社の取扱製品であるSolentim社の単一細胞播種システムVIPSを使用して、セルライン構築のワークフローを半分に短縮しつつも、規制当局のためのモノクローナリティの要件を満たすことに成功しました。本ケーススタディでは、ヤンセンファーマ社のフィラデルフィアに位置する研究所のCLDグループに属するTom Kelly研究員が、どのようにして他社製品からより効率の良いVIPSを使用したワークフローに移行したかが説明されています。ケーススタディはPDFファイルにまとめられており、既に実施されたオンラインセミナーは録画されています。
上記ケーススタディのPDF及びセミナーの録画はこちら
https://www.kiko-tech.co.jp/solentim-vips-case-study-01/

単一細胞播種システムVIPSについて
VIPS (Verified In-situ Plate Seeding)は高効率の単一細胞播種が可能な装置です。独自のSMART LD技術により、細胞に与えるダメージを最小限にして播種します。

VIPSの製品詳細はこちら
https://www.kiko-tech.co.jp/products/solentim-vips/

資料請求・デモ等のお問い合わせはこちら
https://www.kiko-tech.co.jp/contact/

<お問い合わせ>
キコーテック株式会社 事業開発部
本社:大阪府箕面市船場西3-10-3
TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1
TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
URL:https://www.kiko-tech.co.jp/