PlexBioマルチターゲットELISA/日本化学療法学会ランチョンセミナー満員御礼【キコーテック】

(2019.05.28)
薬剤耐性菌の次世代検出プラットフォームとしてPlexBio社のIntelliPlexシステムが紹介された第67回 日本化学療法学会総会ランチョンセミナーでは、約300名にご参加をいただきまして、盛況のうちに終了いたしました。誠に有難うございました。
IntelliPlexシステムは、ビーズ固相法をベースとするマルチターゲットELISAシステムです。独自開発のビーズ識別技術、蛍光シグナル計測・解析技術、オリジナル計測パネル作成によって高い計測精度、簡便・低コストで効率的なシステム運用を実現。マルチプレックス(多項目同時)計測の新しい可能性を開きます。

【IntelliPlexシステムの特長】
①独自開発のコード体系『πCode』を画像認識により読取り、ビーズ識別を行う
②ウェット操作の自動化システムによる高い再現性(MFIのCV値 ≦1.5%)とハンズフリーを実現
③簡便・迅速な検出プローブ(抗体および標的相補配列の核酸)の固定化によるオリジナルの計測パネルの作成
④メンテナンスは月1回、短時間のキャリブレーションのみ

【日本化学療法学会 講演内容】
AMR時代に求められる感染症検査の方向性 ― πコードを用いた多項目遺伝子の診断法を含めて
演者:東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授 舘田 一博 先生
http://www.kiko-tech.co.jp/the-japanese-society-of-chemotherapy/


製品説明、見積もり、ご依頼等に関してのお問い合わせはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/contact/


<お問い合わせ>
 キコーテック株式会社 事業開発部
 本社:大阪府箕面市船場西3-10-3 TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
 URL:http://www.kiko-tech.co.jp/

>>詳細はこちら