高性能かつ維持費に優れたSPR分子間相互作用解析システム

(2019.03.01)
SPR分子間相互作用解析システムは創薬開発や工学テクノロジーなど、さまざまな研究分野において非常に重要な分析技術となっています。
研究者の誰もが高感度の装置、高精度なデータを求めるのは必然ですが、しかし反面、それらを望めば装置も比例して高額になる傾向にあり、また維持費も相応に必要となってきます。

弊社が販売するBiosensing Instrument社(USA)のSPR分子間相互作用解析システムは、
高感度かつ高精度なデータ取得が可能な機能を持ち、また価格も抑えたシステムとなっています。
加えて、独自の構造により維持費が高額になる要因を排除しています。


BI-4500 分子間相互作用解析システム 特長

【高精度・高速カイネティクス解析】
特許のサンプル送液技術(BIダイレクトフローテクノロジー)でサンプルが送液バッファーに希釈されることなく精密にセンサーチップに送液され、高精度かつ再現性のあるデータを取得可能。
また最速4ミリ秒/計測の高速カイネティクス検出が可能。

【容易なメンテナンスとアプリケーション拡張性】
マイクロ流路がオープン構造で流路の洗浄、目詰まりによるパーツ交換等がユーザー自身で実施可能。
マイクロ流路を取り替えることにより、電気化学SPR、ガスSPRの測定解析が可能。


詳細に関してはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/product-cat/biosensing-instrument/

製品説明、見積もり、ご依頼等に関してのお問い合わせはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/contact/


<お問い合わせ>
 キコーテック株式会社 事業開発部
 本社:大阪府箕面市船場西3-10-3 TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
 URL:http://www.kiko-tech.co.jp/

>>詳細はこちら