2.5時間で質量分析(MS)用のタンパク質サンプル調整完了 【キコーテック】

(2019.02.04)
PreOmics社(ドイツ)inStageTip (iST) Kitは、わずか3ステップで質量分析(MS)用のタンパク質サンプルの溶解処理からペプチド精製まで行えます。 全行程時間は約2.5時間と従来法と比較して約40時間短縮可能です。

【iST Kit 操作手順】
  ステップ1:溶解・還元・アルキル化 (90℃ 10分)
  ステップ2:消化 (37℃ 1~3時間)
  ステップ3:精製 (洗浄2回、溶出2回)

【特 長】
・サンプル調製に必要な試薬が全てセット
・高い再現性 R2 > 0.9
・従来法に比べ、ペプチド・蛋白質を同定数が向上
・サンプル調製の手作業が約 1 時間程度
・溶解・還元・アルキル化反応がワンステップで完了
・親水性・疎水性の不純物除去
・精製後、直接MS測定が可能
・さまざまな試料に対応(細胞、FFPE、血中、酵母等)


製品詳細に関してはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/products/preomics/

製品説明、見積もり、ご依頼等に関してのお問い合わせはこちらから。
http://www.kiko-tech.co.jp/contact/



<お問い合わせ>
 キコーテック株式会社 事業開発部
 本社:大阪府箕面市船場西3-10-3 TEL:(072)730-6790  FAX:(072)730-6795
 東京支社:東京都世田谷区駒沢2-11-1 TEL (03)5787-3323 FAX:(03)5787-3324
 URL:http://www.kiko-tech.co.jp/