【PUREfrex】タンパク質の調製をお手軽に

(2017.01.27)
ジーンフロンティアの無細胞タンパク質合成キット「PUREfrex」は、転写・翻訳反応をワンチューブで行う無細胞タンパク質合成キットです。
1キットで数百μgのタンパク質が合成でき、反応液をそのまま次のアッセイへお使い頂くことも可能です。
操作は、PCRで鋳型となるDNAを合成し、キットへ添加後、37℃、数時間のインキュベートで合成が完了します。

■特徴■
・鋳型はPCR反応液を直接添加できるため、クローニング不要です。
・毒性の強いタンパク質も合成できます。
・複数鋳型を混在して反応させ、Fab等、多量体の合成もできます。
・合成タンパク質未精製のまま、細胞を用いた実験やアッセイに直接用いることができます。

■キットの選択■
・翻訳過程:2種類のタンパク質合成反応液からお選び頂けます。
・成熟化過程:高次構造形成、翻訳後修飾など、目的に合わせて添加剤をお選び頂けます。

■ベースとなる技術■
PUREfrexは、PURE systemを基に、東京大学大学院の上田卓也教授とジーンフロンティアが共同開発した再構成型無細胞タンパク質合成キットです。
タンパク質合成に必要な因子のみを個別に精製し、アミノ酸やNTP等と混合して再構築したキットのため、キットに含まれる大腸菌由来のリポ多糖やRNaseが低減されています。

>>詳細はこちら