タカラバイオオリジナル cfDNA変異解析サービス開始[タカラバイオ]

(2020.03.01)
ThruPLEX技術を用いたタカラバイオオリジナルのcfDNA変異解析を開始しました。
ThruPLEX技術を用いたライブラリー作製、キャプチャー濃縮技術により、
cfDNAに存在する変異を高感度、高精度に検出します。

★ 分子バーコード技術により、低頻度の変異を検出
★ 消化器がん(GI)に関与する28遺伝子が対象
★ カスタムにて、任意の遺伝子について新規構築も可能

【サービス内容】
cfDNAをお預かりし、ThruPLEX技術によりライブラリー作製を行い、
ハイブリダイゼーションベースでターゲットの濃縮を行います。
濃縮されたターゲットを次世代シーケンサーでシーケンスを行い、ごく微量に存在する変異を検出します。
解析結果は、検出変異結果に加えて、アノテーション情報、ゲノム位置等の情報を付与いたします。
また、血漿(10 ml)からのcfDNA抽出などのオプション作業も可能です。


対象遺伝子など詳細はこちら▼
http://www.takara-bio.co.jp/research/r/website/202002nikkei/cfDNA/


[お問い合わせ先]
タカラバイオ株式会社
受託窓口
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-565-6999、FAX:077-565-6995
URL:http://www.takara-bio.co.jp/research.htm
e-mail:https://www.takara-bio.co.jp/support/jutaku/index.php