■2017/11/25■ノビレチン研究会 第1回学術集会のご案内

(2017.11.10)
 ノビレチン研究会(会長:矢澤一良)は、近年、様々な機能性について注目を集める柑橘由来成分で、ポリメトキシフラボノイドの一種であるノビレチンの研究の発展のために設立されました。
 第1回学術集会を下記の通り開催いたしますのでご案内いたします。
 ノビレチン研究の最新の動向を知る良い機会となることと存じますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

*******  開 催 概 要  *******

日時: 平成29年11月25日(土) 13:00~18:00(受付12:30~)
場所:早稲田大学 日本橋キャンパス(コレド日本橋5F)ホール
参加費:正会員 5,000円
    非会員 10,000円
    学生   無料
懇親会費:5,000円

*******  スケジュール  *******

- 開会の挨拶 -

13:00-13:05 開会の挨拶1
       (矢澤一良:会長/早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構 研究院教授)

13:05-13:10 開会の挨拶2
       (下地明和:沖縄産業振興公社 専務理事)

- シンポジウム1 -


13:10-13:40 1:禹 済泰:中部大学応用生物学部 教授/㈱沖縄リサーチセンター 代表取締役社長
        「シークヮーサー由来ノビレチンの多様な生理機能」

13:40-14:10 2:山國 徹: 東北大学大学院薬学研究科 准教授
        「ノビレチン高含有カンキツ果皮の抗認知症作用とその応用」

14:10-14:40 3:菅原卓也:愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センター 教授
        「ノビレチンの抗アレルギー効果と機能性食品開発」

-- 休 憩 (14:40-15:00)--

-
招待講演 -


15:00-16:00 柴田重信: 早稲田大学先進理工学部 教授
        「時間栄養学の視点からみたフラボノイドの作用」

- シンポジウム2 -


16:00-16:30 4:河合 博成:アークレイグループ からだサポート研究所 開発リーダー
        「シイクワシャー由来ポリメトキシフラボノイドの
肝機能および脂質代謝改善効果」


16:30-17:00 5:補永 薫:東京湾岸リハビリテーション病院 リハビリテーション部部長
        「リハビリテーション領域におけるノビレチンの可能性
ーノビレチンの筋量および筋質の改善作用ー」


17:00-17:30 6:森本達也:静岡県立大学薬学部 教授
        「ノビレチンの心不全改善効果」

- 閉会のあいさつ -

17:30-17:40 閉会のあいさつ(吉田 博:副会長/東京慈恵会医科大学附属柏病院 副院長)

--- 懇 親 会 ---

18:00 ~ ピッツェリア・ダ・チーボ(コレド日本橋4F)

******* ******* *******

※当日参加も可能ですが、準備の都合上、出来る限り事前の申し込みに、ご協力をお願いいたします。
※参加費につきましては、当日、受付にてお支払いください。
※会場へのご案内は当日の受付順となります。事前に参加申し込みをいただいていても、席数(100席程度)の都合で、座席の確保ができない場合がございますので、予めご了承ください。

******* ******* *******
ノビレチン研究会 事務局
〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200

中部大学応用生物学部内(ノビレチン研究会事務局 総務幹事) 禹 済泰
E-mail : nobiletinresearch(at)gmail.com
※送信時は(at)を@に置き換えてください
HP:https://sites.google.com/view/nobiletinresearch/
******* ******* *******

>>詳細はこちら