第26回日本Cell Death学会学術集会

(2017.07.01)
 毎年最新の細胞死研究についての話題を提供していただいております日本Cell Death学会を来る7月24と25日に開催いたします。2017年度のこの学会も新学術領域「ダイイングコード」との共催という形で開催いたします。
 今年度は東京都大田区にご後援していただけることになり、蒲田の大田区産業プラザPiOで開催いたします。また学会前日の7月23日には大田区との共催イベントとして、「細胞死と病気」についての区民公開講座を開催する予定です。
 本年度は、特別講演(以下敬称略 三浦正幸、米原伸)やシンポジウム(清水重臣、須田貴司、榧垣伸彦、高橋良輔、椛島健治、田中正人、鈴木淳 他)が企画されています。
皆様の参加を心よりお待ちしております。

<プログラム>

□ 第1日目 7月24日(月)

【シンポジウム I 】 10:00-12:12

パイロトーシスの特性と分子機構
金沢大学 がん進展制御研究所 免疫炎症制御研究分野  須田 貴司

ネクローシスにおけるASK1シグナル
東京大学大学院 薬学系研究科 細胞情報学教室  服部 一輝

生体内で起こる生理的なネクローシス型プログラム細胞死
大阪国際がんセンター研究所 分子細胞生物学部門  今川 佑介

障害肝細胞排除機構の発見
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 発生再生生物学分野  仁科 博史

新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略
Department of Physiological Chemistry, Genentech, Inc.  榧垣 伸彦

オートファジーが関わる細胞死
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態細胞生物学分野  清水 重臣

【昼食 】 12:30-13:30

【特別講演 I 】 13:30-14:30

Death Receptor Fasの発見とFLASH/casp8ap2が細胞増殖と細胞死を調節する分子機構
京都大学大学院 生命科学研究科 高次遺伝情報学分野  米原  伸

【ポスターセッション 】 14:45-16:10

【シンポジウム II 】 16:20-18:20

尋常性乾癬の発症におけるネクロプトーシスの関与の検討
京都大学大学院 医学研究科 皮膚科学講座  椛島 健治

細胞死機能異常と炎症病態
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 生体防御医学分野  安友 康二

ミトコンドリア恒常性維持による心不全治療
京都府立医科大学大学院 医学研究科 循環器内科学講座  的場 聖明

ミトコンドリアを標的にしたパーキンソン病新規治療法の開発
大阪大学大学院 医学系研究科 神経内科学講座  望月 秀樹

GBA変異によるパーキンソン病発症のメカニズム
京都大学大学院 医学研究科 臨床神経学講座  高橋 良輔

(終了後)情報交換会

□ 第2日目  7月25日(火)

【一般口演 】9:30-10:30

肝細胞DNaseⅡ活性の低下は、肝細胞ネクローシスを誘導し、非アルコール性肝疾患の病態進展に寄与する
大阪大学大学院 医学系研究科 消化器内科学講座  疋田 隼人

肝特異的cFLIP低発現マウスを用いた肝障害モデルの解析
東邦大学 医学部医学科 生化学講座病態生化学分野  山﨑  創

SR-B1はシリカ粒子認識およびインフラマソーム活性化に関与する
東北大学 学際科学フロンティア研究所 新領域創成研究部  中山 勝文

CAPS患者単球IL-1β産生の1細胞イメージング
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻  白崎 善隆

死細胞が発信する細胞間シグナルネットワークによる創傷癒制御
京都大学大学院 生命科学研究科 システム機能学分野  榎本 将人

細胞脱落時における上皮バリア維持機構の解析
京都産業大学大学院 生命科学研究科 細胞社会学研究室  中井 彩香

【パネルデイスカッション 】10:45-11:45

櫻井 文教(大阪大学)
榧垣 伸彦(Genentech, USA)
森脇 健太(大阪大学)
田村  誠(田辺三菱製薬)

【ランチョンセミナー 】 12:00-13:00

パーキンソン病の病因解明に迫る−遺伝性パーキンソン病のからのアプローチ
順天堂大学大学院 医学研究科 神経学講座  服部 信孝

【特別講演 II 】 13:30-14:30

カスパーゼの生体機能
東京大学大学院 薬学系研究科 遺伝学教室  三浦 正幸

【シンポジウム III 】 14:45-16:45

アポトーシス時のリン脂質スクランブリング
京都大学 物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)  鈴木  淳

Hippoシグナル依存的な新規ネクローシス“TRIAD”と神経変性
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 神経病理学分野  岡澤  均

新規分子CAMPによる分裂期細胞死制御機構
東北大学 加齢医学研究所 分子腫瘍学研究分野  田中 耕三

ネクロプトーシス誘導分子RIPK3による多様な炎症誘導機構について
大阪大学大学院 医学系研究科 細胞生物学講座  森脇 健太

ネトーシスと脂質酸化
東京薬科大学 生命科学部 免疫制御学研究室  田中 正人

【次期年会頭挨拶 】 16:45

的場 聖明(京都府立医科大学)

閉会  16:50

【学会参加費】
事前参加登録:一般学会員 5,000円、一般非学会員10,000円、大学院生 2,000円、学部生 0円

当日参加登録:一般学会員 7,000円、一般非学会員12,000円、大学院生 3,000円、学部生 0円

※大学院生・学部生は、学会員・非学会員ともに同一金額とします。
昼食:1日目、2日目両日とも事前参加登録にて無料でお弁当を配布

【情報交換会】
日時:平成29年7月24日(月) 18:30 〜 20:30
会場:大田区産業プラザPiO コンベンション・ホール 「梅」(4階)

参加費:学会員・非学会員 3,000円、大学院生 0円、学部生 0円
学会当日も情報交換会への参加を受け付けます。
大学院生や学部生は無料ですが、必ず参加申込みをお願いします。


【事前参加登録】
事前参加登録方法:以下の内容を運営事務局(celldeath26@med.toho-u.ac.jp)までお送りください。
 ◙ 氏名(ふりがな)
 ◙ 所属
 ◙ e-mailアドレス
 ◙ 会員(一般・大学院生・学部生)、非会員(一般・大学院生・学部生)
 ◙ 演題登録 (有・無)
 ◙ 情報交換会 (参加・不参加)
 ◙ 昼食弁当 1日目(要・不要) 2日目(要・不要)

事前参加登録の上、学会参加費及び情報交換会参加費を参加登録者のお名前で下記口座宛へお振込み下さい。

<振込先>  
銀行名:三菱東京UFJ銀行
店名: 蒲田支店  支店番号:117
口座番号:(普)0695045
口座名義:第26回日本Cell Death学会学術集会 年会頭 中野裕康

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://jscd.org/cd26/index.html

【お問い合わせ】
東邦大学医学部生化学講座 生化学分野内
〒143-8540 東京都大田区大森西5-21-16
TEL : 03-3762-4151 内線 : 2355 FAX : 03-5493-5412
E-mail : celldeath26@med.toho-u.ac.jp

>>詳細はこちら