日本動物細胞工学会2017年度大会(JAACT2017)開催の案内

(2017.04.10)
日時:2017年7月20日(木)~21日(金)
場所:松山市総合コミュニティーセンター 企画展示ホール1階・2階
   (愛媛県松山市湊町7丁目5番地)

 日本動物細胞工学会2017年度大会(JAACT2017)を、来る7月20日(木)〜21日(金)の2日間、松山市の松山市総合コミュニティーセンター企画展示ホールにおいて開催することになりました。今回の国内学会は、2件の特別講演と4つのシンポジウム、ポスター発表に加えて、ランチョンセミナーや若手・学生に対して有意義となる教育セミナーもあわせて実施いたします。
 特別講演では、愛媛大学プロテオサイエンスセンターの坪井敬文先生にマラリアワクチン開発に関する最先端研究をご紹介いただき、産業技術総合研究所健康工学研究部門の中島芳浩先生には、発光レポーター遺伝子を用いた細胞機能解析法の革新的技術をご紹介いただきます。
 また、シンポジウムでは、(1) バイオ医薬品製造における連続生産 -培養から精製まで-、(2) 機能性食品としての柑橘の新展開、(3) 次世代製造を見据えたセル&セルエンジニアリング、(4) 革新的バイオイメージング技術が拓く次世代動物細胞工学、といった動物細胞工学技術を駆使した生産、測定、評価に関連した、多彩なジャンルで構成致しました。特に、日本動物細胞工学会国内大会は、四国では初開催ということもあり、四国・愛媛の地から、動物細胞工学の新展開を発信したいと考えております。特に機能性食品のセッションでは、柑橘を活用した機能性食品の開発など、柑橘王国である愛媛らしい話題を提供します。また、バイオイメージングのセッションでは、新学術領域研究「レゾナンスバイオ」と共催で、バイオイメージング技術の国内トップレベルの研究者をお招きし、議論を展開します。
 このようにJAACT2017は、基礎研究から産業界の物質生産の現場まで、現在の動物細胞工学の先端研究を実感して頂ける学会を目指しています。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

<プログラム>
2017年7月20日(木)
9:50-10:00
大会実行委員長挨拶:菅原 卓也(愛媛大学)
10:00-12:00
シンポジウム1:「バイオ医薬品製造における連続生産 -培養から精製まで-」
     オーガナイザー 平島 親(中外製薬株式会社)、
             田熊 晋也(中外製薬株式会社)
12:00-13:30 
ランチョンセミナー2

13:30-14:30
特別講演1:「ポストゲノムのマラリアワクチン研究」
     坪井 敬文(愛媛大学プロテオサイエンスセンター)
14:30-16:00
一般講演:ポスターセッション

16:00-18:00
シンポジウム2:「機能性食品としての柑橘の新展開」
     オーガナイザー 菅原 卓也(愛媛大学)、岡本 威明(愛媛大学)

19:00-21:00
懇親会:松山全日空ホテル ダイヤモンドボールルーム

2017年7月21日(金)
9:00-11:00
シンポジウム3:「次世代製造を見据えたセル&セルエンジニアリング」 
     オーガナイザー 山野 範子(徳島大学)
10:00-12:00
特別講演2:「発光レポーターを用いた細胞機能解析および
       セルベースアッセイへの応用」
     中島 芳浩(産業技術総合研究所)
12:00-13:30 
ランチョンセミナー2

13:30-14:30
学生向けセミナー:「(未定)」
     塚本 洋子(旭硝子株式会社)
  ※大会参加者以外も参加できます(参加費不要)
15:00-17:00
シンポジウム4:「革新的バイオイメージング技術が拓く次世代動物細胞工学」 
     (新学術領域研究「レゾナンスバイオ」共催)
     オーガナイザー 今村 健志(愛媛大学)、
             宮脇 敦史(理化学研究所)
17:00-17:10
閉会の挨拶:日本動物細胞工学会長 高木 睦(北海道大学)


大会参加費:正会員 5,000円、学生会員 2,000円、非会員 10,000円
懇親会参加費:一般 7,000円、学生 3,000円

参加および一般講演(ポスター)申込:2017年6月16日(金)までに、JAACT2017ホームページよりお申込み下さい。
http://www.jaact.org/jaact2017/index.html

問合せ・申込先
  日本動物細胞工学会2017年度大会事務局
  〒790-8566 愛媛県松山市樽味3丁目5-7  
  愛媛大学大学院農学研究科 菅原 卓也(大会実行委員長)
  TEL&FAX:089-946-9863 E-mail:17matsu@agr.ehime-u.ac.jp

>>詳細はこちら