シンポジウム 「次世代再生医療の基礎と夢~細胞機能制御(臓器形成)への医学、工学的アプローチ~」

(2017.01.25)
日時:2017年2月1日(水)
   講演 13:00~17:30 意見交換会 17:30~19:00
会場:国立研究開発法人産業技術総合研究所臨海副都心センター別館11F会議室  
募集定員:120名 
参加費:正会員、賛助会員、特別賛助会員、大学・公的研究機関 無料/
    非会員 5,000円
意見交換会:参加費 3、000円
主催:(一社)研究産業・産業技術振興協会(JRIA)
共催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)
後援:日本製薬工業協会(製薬協)、(一財)バイオインダストリー協(JBA)、幹細胞評価基盤技術研究組合、グライコバイオロジクス研究会

プログラム

13:00−13:05 開会挨拶 
獅山有邦氏((一社)研究産業・産業技術振興協会専務理事)
13:05−13:20 挨拶 
松岡克典氏(国立研究開発法人産業技術総合研究所 理事) 
13:20−14:05 講演 「発生生物学の立場からの臓器・形態形成」
伊藤弓弦氏 (国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 
幹細胞工学研究グループ 研究グループ長)
14:05−14:50 講演 「ミニ臓器創出技術を核とする戦略的iPS細胞研究」
武部貴則氏(横浜市立大学 医学部 准教授)
14:50−15:35 講演 「細胞・組織環境の時空間統合の課題と基盤技術」
新井史人氏(国立大学法人 名古屋大学大学院工学研究科 教授)

15:35−15:45 休憩

15:45−16:30 講演 「バイオ3Dプリンティング」(仮)
中村真人氏 (国立大学法人 富山大学工学部 教授) 
16:30−17:15 講演 「臓器形成の材料としての細胞の品質管理」
舘野浩章氏 (国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 主任研究員)
17:15−17:20 閉会挨拶

17:30−19:00 意見交換会

>>詳細はこちら