国内スタートアップ市場の動向と株価、IPOは好調も上場企業の株価は低調

 2021年の国内バイオスタートアップの新規株式公開(IPO)は、10月までに4件に上った。4月にステラファーマ、6月にペルセウスプロテオミクスとステムセル研究所、9月にレナサイエンスがそれぞれ上場した。2018年のIPOは1件(Delta-Fly Pharma)だったが、2019年は2件(ステムリム、セルソース)、2020年は3件(モダリス、ファンペップ、クリングルファーマ)と徐々に増えており、IPO市場は比較的良好な状態にあると言えそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)