バイオ燃料は3つの世代に分けて称される。第1世代は、砂糖やデンプンなどの作物可食部を原料としたバイオエタノールやバイオディーゼル、第2世代は、非可食部であるセルロース系を原料とするバイオエタノールなどだ。これらはガソリンや軽油の代替品として既に商用化されているが、可食部を使う場合に食糧需要と競合する問題や、化石資源由来の燃料への混合比率を低く抑えないと車両が不具合を起こすため、代替率を伸ばせない問題などがあった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)