バイオマスプラと生分解性プラには、それぞれ異なる利点がある。バイオマスプラは、従来のプラスチックで使われている化石資源など枯渇性資源の使用を減らせるのが利点だ。光合成をする植物を材料に使えば、材料の生育段階で二酸化炭素を吸収するため、製造工程全体では温室効果ガスの排出を抑えられるという利点もある。生分解性プラは、自然環境下で水と二酸化炭素に分解されることから、プラスチックごみによる自然環境の汚染を低減できる素材として期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)