国内では水産業の振興を目的に、水産動植物の品種改良が進められている。完全養殖の技術が確立していないと、種苗を野生のものから取る必要が生じるため、品種改良ができるのは完全養殖技術が確立されている種に限られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)