タマネギ、日蘭でゲノム解読、ゲノム編集も前進

 紀元前23世紀のエジプトでピラミッド建設労働者の健康維持に貢献したという記録があるタマネギは、各栽培地域における伝統的な知識から健康食材とされている。 国際食糧農業機関(FAO)の統計「FAOSTAT」の最新版によると、2019年のタマネギ(英語表記:onion)の生産量は世界で4780万t。国・地域別のトップ5は、1位がおよそ2500万tの中国で、2位が2282万tのインド、3位が317万tの米国、4位が308万tのエジプト、5位が220万tのトルコ。132万tの日本は世界で20位程度だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)