PBMは植物を原料とすることから持続可能性が高いとされ、環境意識の高い若年層に人気だ。菜食主義者や、宗教上の理由で肉食が難しい層の需要も見込まれる。一般に、世界的な人口増に伴って食肉の需要も年々増加しており、将来的に既存の畜産業だけでは食肉需要を満たしきれなくなるとされる。米A.T.カーニー社が2019年に発表した調査結果では、世界の食肉市場は2040年には1兆8000億ドルまで拡大し、そのうち約1/4をPBMが占めるとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)