ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素。ビタミンDは、紫外線の作用により皮膚でも産生される。ビタミンDの摂取源となる食材は、魚肉および魚類肝臓、キノコ類などだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)